復讐代行を依頼する際に良い業者を見分けるポイントとは?

公開日:  最終更新日:2016/12/18

最近話題になっているのが復讐代行です。これは本人に代わって業者が依頼に基づいて復讐するというものです。復讐といっても暴力を加えるというようなものではなく、社会的な地位を失わせたり、世間体に傷をつけるという意味です。現在、人間関係がますます複雑になっているので、依頼する人は後を絶ちません。しかし、中には依頼人の気持ちを利用して騙す悪徳業者もいます。では、こうした復讐代行を依頼する際にどうすれば良い業者であるかどうかを見分けることができるのでしょうか。今日はそのいくつかのポイントを記したいと思います。

まず最初のポイントは事務所の規模です。おそらく復讐代行業者に案件を依頼するときにはファミレスや喫茶店で打ち合わせをすることが多いかと思います。しかし、できればその業者の事務所に行って、実際にどのような業者なのかを確認するようにしましょう。その際にチェックするのはスタッフの数です。復讐代行の工作をするためにはまず徹底的にターゲットを調査しなければいけません。その際に必要なのは労力です。つまり、人が多くなければ調査で得られる情報も限られてしまいますし、さらには調査のために費やす時間もかかってしまいます。それで、事務所に一人だけしかスタッフがいないというような業者の場合にはできることが限られているということを念頭に入れておきましょう。

次にチェックしておきたいことは契約書です。特に契約書で重要なのは報告についてです。復讐代行業者に依頼した後は基本的に依頼人は業者からの報告を待つだけになります。逆にいうと、ちゃんと報告されないときちんと調査活動や工作をしているのだろうかと不安になってしまうのです。それで、まずは報告する頻度はどれぐらいなのかが記載されているかを確認しましょう。

次にどのような形式で報告するかということも重要です。毎回きちんと写真などの物的な証拠を添付してくれるでしょうか。もし、そうしたものがないとただの文章のみの報告書となり、中にはそれを利用してあたかも工作しているかのように装う悪徳業者がいます。それで、報告の形式もしっかりとチェックするようにしましょう。

実際、復讐代行の工作には時間がかかるものですし、費用もそれなりにかかります。逆に格安で請け負う業者には要注意したいほうがいいでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑