家事代行に子守を加えたらー

公開日:  最終更新日:2017/02/25

社会現象にもなった『逃げるは恥だが役に立つ』というドラマですけどね、家事をするにしても子供がいるといないのとでは大違いですよ!ドラマの『逃げるは恥だが役に立つ』の中で、主人公のみくりちゃんはお給料としてお金をもらって家事をするのですが、ここに「子守り」がプラスされていたら、こんなにスムーズでクオリティーの高い家事なんてできないものだと思いますもん。

「家事+他の仕事」よりも「家事+子守り」の方が10倍以上はしんどいですって。と、言いますか、体力うんぬんよりも精神的に削られるものがあると思います。だって、子供ってこちらの家事の最中でも容赦なく中断させますからね。子供ですから、相手の家事のペースなんて配慮なしですよ。

家事を仕事だと考えても、ここに「子守り」が加わってしまえば、職場放棄する人だって出てくるとは思いますよ。もしくはどちらかを手抜きにするか。たとえ血がつながっている親戚の子供をお金をもらってみていたとしても、家事を中断されるストレスでやられますもん。

そしてだからこそドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の設定はぬるい!ぐらいのことを思ってしまったりもします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑