急な災害に備えてスマホは確保したい!

公開日:  最終更新日:2018/08/18

季節柄、今日もカンカン照りだ。

いつもなら辟易する所だが、今日は違う。

手元にはスマホ用の大容量バッテリーと、携帯サイズの太陽光発電シートがある。これをカンカン照りのベランダに展開して、バッテリーをセットする。即充電を開始、この調子なら5~6時間でバッテリーはフルになりそうだ。

オフで晴れの日はお出かけ前に、太陽光発電でスマホ用バッテリーの充電を行うのが日課になってきた。

地震や災害がいつ起こるかは不明だが、もし、それが来た時に必要なものはスマホだろう。ネットが早期に復旧しても、電気設備はそう簡単に復旧できない。

そうなると、バッテリー切れのスマホを持って「電気」を探すなんて嫌すぎる。この大容量バッテリーなら待ち受けだけなら1週間は持つし、ヘビーに使っても3日は大丈夫。

スマホが使えれば、安否連絡もSNSも、FXだって出来るじゃないか!何にしろ繋がっているという事実だけで安心感を得られると思う。災害の時にこれは重要だろう。

それに、このカンカン照りの異常気象な暑さに一矢報いている感じがして好きなんだ「太陽光発電」って。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑