転職するためタクシーで面接に向かう

公開日: 

病院で働いているが、心身ともに疲れてしまい転職活動を始めた。ようやく条件の合う病院を見つけ、早速面接してもらうことになる。季節は蒸し暑くなってきた6月下旬だったろうか。駅から徒歩30分かかることや、面接前に汗をかくことが気になったため、タクシーで向かうことにした。
乗車して行き先を告げると、すかさずタクシードライバーが話しかけてくる。お見舞いかどうか尋ねられ、面接を受けに行くことを話した。すると、そのタクシードライバーは病院を受診したことがあるとのことで、医者や看護師含めてとてもいい病院だということを教えてくれた。また、病院の近くには弁当屋さんがあるのでお昼ご飯はそこで買ってはどうか、周りにはこんなお店があるなどいろいろな話しをしてくれた。私は初めての転職活動で不安と緊張で押しつぶされそうになっていたが、タクシードライバーの方がそれを解きほぐしてくれたように思う。おかげで面接はとてもうまくいき、その病院へ転職することを決めた。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑